ニジンスキー・ガラ。

「ガラ」とはフランス語で「特別な催し」の意味。本公演は、ニジンスキーが振り付け、かつてニジンスキーが踊った、計4作品を一公演で堪能できるという、「特別」と言うに相応しい公演であった。

実に贅沢な140分、ニジンスキー色に染まり切る見応えある公演だった。

 

大学時代、作曲家ストラヴィンスキーの虜になってからというもの、「一生の内、一度でいい。彼のバレエ音楽を生で聴きたい。」とずっと思ってきた。

ストラヴィンスキーの音楽のうち、特に私の心を動かしたのが『春の祭典』と『ペトルーシュカ』だったのだが、ここで初めて天才バレエダンサー、ニジンスキーと出会うこととなる。

その容姿と才能を持ち合わせながら、短命なバレエ人生だったニジンスキー。にも関わらず彼の名はバレエ史に深く刻まれ現代に評価される振付を次々と生み出していったのである。

そんな彼と出会い、この2作品はますます私の中で特別なものとなり、最終的には、「春の祭典&ペトルーシュカ=ストラヴィンスキー&ニジンスキー」という構図が出来上がってしまったくらいだ。

そうして私の興味、好奇心は音楽を聴くだけにはとどまらず、「いつか観たい」に変わって行った。天才作曲家が紡ぎ出した聴くだけでも色濃い音楽を、どうして振り付けることができよう。そんな不可能とさえ思える作品を可能にした作品を、想像すればするほどに胸が焦がれたが、私に出来たのはただ待つということだけであった。

その「いつか」を叶えてくれたのが、東京バレエ団による『ニジンスキー・ガラ』である。 本公演を知った時、まさかと思った。

ニジンスキー振付作品を上演するだけでも十分なのに、一公演分ニジンスキーに染め上げるとは。

あまりにも贅沢、そして強烈。これは興奮以外の何者でもなかった。 公演内容は『薔薇の精』『牧神の午後』『レ・シルフィード』そして『ペトルーシュカ』。 大学の授業を通して知っていたのは、『牧神の午後』と『ペトルーシュカ』のみだったが、自分の知っている作品が2つも上演されるというだけで満足で、かつて観た映像を頭の中で幾度となく繰り返した。

そして自分の人生に感謝もした、「これから観られるのだ、生でダンサーが踊るところを」と。

 

公演詳細

会場/東京文化会館
日時/2012年1月12日(木)
   2012年1月13日(金)
   2012年1月14日(土)
開演/2012年1月12日(木) 19:00~
   2012年1月13日(金) 19:00~
   2012年1月14日(土) 15:00~

プログラム

『薔薇の精』(“Le Spectre de la Rose”)
初演/1911年4月19日 モンテカルロ歌劇場
東京バレエ団初演/2006年4月8日 ゆうぽうと簡易保険ホール
振付/ミハイル・フォーキン
装置・衣裳/レオン・バクスト
台本/ジャン・ルイ・ヴォードワイエ(T.ゴーティエの詩による)
音楽/カール・マリア・フォン・ウェーバー(編曲/L.H.ベルリオーズ)

『牧神の午後』(“LAprès-midi dun Faune”)
初演/1912年5月19日 シャトレ劇場
東京バレエ団初演/2006年4月8日 ゆうぽうと簡易保険ホール
振付/ワスラフ・ニジンスキー
装置・衣裳/レオン・バクスト
音楽/クロード・ドビュッシー

『レ・シルフィード』(“Les Sylphides”)
初演/1907年2月23日 マリインスキー劇場
東京バレエ団初演/1969年5月3日 東京文化会館
振付/ミハイル・フォーキン
音楽/フレデリック・ショパン

『ペトルーシュカ』(“Petrouchka”)
初演/1911年6月13日 パリ、シャトレ劇場
東京バレエ団初演/2006年4月8日 ゆうぽうと簡易保険ホール
振付/ミハイル・フォーキン
装置・衣裳/アレクサンドル・ブノワ
台本/アレクサンドル・ブノワ、イーゴリ・ストラヴィンスキー
音楽/イーゴリ・ストラヴィンスキー

キャスト

東京バレエ団
客演/ウラジーミル・マラーホフ、ディヌ・タマズラカル

『薔薇の精』(“Le Spectre de la Rose”)
薔薇/ディヌ・タマズラカル
少女/高村順子(1/13)、吉川留衣(1/12、1/14)

『牧神の午後』(“LAprès-midi dun Faune”)
牧神/ウラジーミル・マラーホフ(1/12、1/14)、後藤晴雄(1/13)
ニンフ/井脇幸江(1/13)、上野水香(1/12、1/14)
他:東京バレエ団

『レ・シルフィード』(“Les Sylphides”)
プレリュード/吉岡美佳(1/12、1/13)、小出領子(1/14)
詩人/ウラジーミル・マラーホフ(1/13)、木村和夫(1/12、1/14)
ワルツ/佐伯知香(1/13)、高木綾(1/12、1/14)
マズルカ/奈良春夏(1/13)、田中結子(1/12、1/14)
コリフェ/乾友子-渡辺理恵(1/12、1/14)、矢島まい-川島麻実子(1/13)
他:東京バレエ団

『ペトルーシュカ』(“Petrouchka”)
ペトルーシュカ/ウラジーミル・マラーホフ
バレリーナ/小出領子(1/12、1/13)、佐伯知香(1/14)
ムーア人/後藤晴雄(1/12、1/14)、森川茉央(1/13)
シャルラタン/柄本弾 他、東京バレエ団

スタッフ

総監督/佐々木忠次
芸術監督/飯田宗孝
バレエ・ミストレス/友田弘子、佐野志織
芸術監督補/高岸直樹
ゲスト/ウラジーミル・マラーホフ(ベルリン国立バレエ団)、ディヌ・タマズラカル(ベルリン国立バレエ団)
リハーサル指揮/ジャン=マリー・ディディエール
指揮/ワレリー・オブジャニコフ
演奏/東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団
ピアノ/尾崎有飛(『ペトルーシュカ』)
出演/東京バレエ団
照明/高沢立生
芸術監督/立川好治
事務局長/高橋典夫
主催/公益財団法人日本舞台芸術振興会 東京バレエ団
後援/東京バレエ協議会
制作/公益財団法人日本舞台芸術振興会
協力/東京バレエ学校 

* 是非「いいね!」や「ツイート」をお願い致します
* facebookページ「LOVE performing arts」への参加も宜しくお願い致します