はじめに

「少し抜け毛が気になってきた・・」

「朝起きたら大量の髪の毛が枕に落ちていた・・」

「髪を洗った後に排水溝に目をやると・・」

など抜け毛でお悩みの方は多いと思います。

 

しかし、ある程度の抜け毛は誰でも起こりうる事なのです。

そして正しい抜け毛予防と発毛・育毛方法を知っていれば、

高い確率で抜け毛を防ぐことはできます。

 

本来、髪というのは常に生え変わるものです。

一生抜けないという髪の毛はありません。

 

1日に抜ける毛は、日本人で50~100本程度は自然に抜けてしまうのです。

また新しい髪も1日に50~100本程度生まれてきます。(個人差はあります)

 

抜け毛が心配になってきたら、

育毛対策のために育毛シャンプーや育毛剤、育毛サロンやサプリなどを調べると思います。

しかしネット上に溢れる情報は、全てが正しいとは限りません。

 

それどころか、ネット上の広告や口コミ・レビューは、

その殆どが誇大広告または販売者による自演行為の可能性もあるのです。

 

良い口コミやレビューを鵜呑みにしないように、

商品選びは慎重に行いましょう。

 

さて、育毛シャンプーや育毛剤の購入をお考えの前に、

抜け毛の原因となる基本的な要素を書いておきます。

これらを日常から意識する事で、立派な抜け毛対策になります。



 抜け毛の原因について

 ここに抜け毛の基本的な原因を書きます。


 バランスの悪い食生活

いわゆる食べ過ぎや、肉類や油ものの摂りすぎなど、

バランスの悪い食生活も抜け毛の原因だといわれています。

髪を健康に保つためには、良質のたんぱく質・ビタミン・ミネラルが必要です。

髪の毛はタンパク質でできています。

タンパク質と、タンパク質を運ぶための糖分、

そしてその代謝を助けるミネラル・補酵素ビタミンも必要ということです。

 

 タバコ・喫煙

タバコのニコチンは血管を収縮させる働きがあり、

脱毛を促進することから抜け毛の原因と考えられています。

 

 過度の飲酒

過度の飲酒は肝臓に負担をかけるだけでなく、

髪への栄養素供給の妨げとなり、抜け毛の原因になります。

 

 不規則な生活・睡眠不足による抜け毛

昼に受けた髪のダメージは、寝ている間にホルモンや免疫細胞で修復されています。

このことから睡眠不足は髪にも良くありません。

髪は夜間(特に22時~2時)に成長しており、昼間は成長しないのです。

 

 大量の紫外線

髪の毛は紫外線によっても影響を受けやすく、

長時間紫外線を浴び続けることも、抜け毛の原因の一つといわれています。

 

 間違ったヘアケア

髪を洗わない、なんてことは当然ですが、

過度の洗髪によっても頭皮を痛めることも抜け毛の原因といわれています。

パーマや過度のドライヤーも抜け毛を促進するようです。

毎日シャンプーをしていても十分にすすぎがないと抜け毛につながります。

 

 精神的なストレス

現代社会の深刻な問題の一つであるストレス。

このストレスも抜け毛の原因の一つといわれています。

ストレスによる代謝異常やストレスによって毛根部に栄養分が十分運ばれなくなり、

抜け毛が進むなどいろいろな説があります。

 

 冷え性による抜け毛

女性では冷え症による血行障害が抜け毛の原因になるといわれています。

 

 男性ホルモンによる抜け毛

昔からよくいわれてきた原因の一つです。

男性ホルモンの分泌量が多いほど抜け毛も多いということです。

男性ホルモンに影響され、髪の成長を抑制し早く抜けてしまうのが原因と言われています。

また男性ホルモンによる抜け毛体質は遺伝すると言われています。

 

以上のことを意識して気をつけながら、抜け毛対策を行うと良いでしょう。



育毛・発毛に関する知識や、育毛剤・育毛シャンプーの商品選びに関しては、

実直に述べているこのサイトを参考にするといいでしょう。

http://nukegebbs.com